階段昇降機は価格以外にも機能も確認する

階段昇降機は階段を昇降する以外にさまざまな機能があります。今まで利用していた方や家族の方がこんな機能があったら便利だということで考えられた機能ばかりです。昇降機がなぜ動かないのかを判断し、番号でお知らせする機能がついているものがあります。安全装置が働き止まってしまった時になぜ止まったのかが分かるので安心できます。
呼び出しスイッチもとても便利な機能です。無線式の場合は持ち運びができるので、このスイッチで走行させることも可能です。上るときと下りるときの速度を変更することができる速度制御機能は、下りは恐怖を感じる利用者の方が多いのですが安心できる速度で快適にのれます。お子さんがいらっしゃるご家庭では、誤ってスイッチを押してしまうなどの誤作動の心配がありますが、防止スイッチが備わっているものもあります。

広い家でなくても取り付け可能の階段昇降機

価格の心配だけでなく、階段昇降機を取り付けられるような広いではないので、設置は不可能だと考えている方も少なくありません。だいたいの家庭で取り付けは可能です。使用していない場合の椅子はコンパクトに収納できるデザインもたくさん出ています。場合によっては壁からの出寸は37cmほどとかなり薄く、レールだけなら15cm以下の幅で取り付けられるものまであります。下りるときに、椅子の向きが乗りやすい方向に回転しないと、上段から転げ落ちてしまうなどという危険が伴いますが、安定して座れる方向に回転できる機能があれば、そのような心配はありません。

階段昇降機以外の昇降機について

階段昇降機以外にも、段差を昇降できる機械はあります。例えば玄関先はたいていどの家庭でも段差があり、その段差が高い設計となっている場合は、とても上り下りが大変です。段差を狭くするために床が自動で上がったり下がったりすることで、昇降しやすくする機械もあります。また、スイッチ1つで階段が平らになる段差解消機もあります。車椅子の場合などでもそのまま上ったり下りたりでき、設置も簡単にできます。普通に段差を昇降できる人と共存することが可能な便利な機械がさまざまあります。少しずつの行動に時間がかかったり、労力がかかり面倒だと感じると、外に出ることが嫌になりより一層内にこもりがちになり、精神的にも良くありません。どの機械も価格は安価ではありませんが、利用するかたが前向きになれるなら検討してみても良いでしょう。

在宅介護にあると便利な階段昇降機の価格

階段の上り下りは、介助される方もする方もかなりの負担がかかります。介助する方は無理をして自分一人で昇降してしまうと、もしものことがあったら大変なのできちんと伝えて欲しいと思うでしょう。一方、介助される方はやはり申し訳ない気持ちがありできることなら自分で階段の昇り降りを行おうとします。このように、それぞれの置かれている立場によって思いは異なります。お互いに暮らしやすい状態するために考えるのが、階段昇降機や家庭用エレベーターの設置です。どちらも便利な面では同じですが実際に取り付けるとなるとかなり違いがあります。

階段昇降機と家庭用エレベーターの違い

家庭用エレベーターは、家を建てるときにエレベーターを設置するのであればそれほど問題はありませんが、後から追加で取り付けるとなると直ぐに行うと大規模な工事が必要になる可能性もあります。まず、エレベーター自体の重さに耐えられる状態になっていなければ、住宅の柱などを強化しなければならないことがあります。エレベーターを設置する場所も元来の設計に入っていなければ、一般家庭では確保することは難しいです。そのため根本的なリノベーションが必要なことが多く、それでも不可能な場合もあります。それに比べて階段昇降機はリフォームなど行わなくても設置することができるので、価格の面で安価で済ませることができるのです。

階段昇降機の助成金について

階段昇降機の購入に介助保険は適用されません。しかしながら、たいていの自冶体では助成金制度を設けていると考えられます。金額や条件はそれぞれ異なるので購入を検討したら各自冶体に問い合わせるべきでしょう。一般的な助成金の流れは、まず最初に担当部署に相談し自宅を訪問してもらいます。ここでは、助成金の対象となるのかどうか審査してもらいます。次に担当部署が施工業者と共に自宅を訪問し、利用者様の状態と住宅の状態を確認してくれます。調査結果により助成を行うかどうかの判断が下され、可能となれば助成券が送られますので設置工事を始めることができます。工事が完了次第、助成金が支払われますが支払い方法は各自冶体によってます。最終的に自冶体の担当部署の方が工事の仕上がり具合を確認に来ます。階段昇降機は家庭用エレベーターと比べると価格が安いですが、それなりに金額がかかります。助成金に関して自冶体に確認することをお勧めします。