在宅介護にあると便利な階段昇降機の価格

階段の上り下りは、介助される方もする方もかなりの負担がかかります。介助する方は無理をして自分一人で昇降してしまうと、もしものことがあったら大変なのできちんと伝えて欲しいと思うでしょう。一方、介助される方はやはり申し訳ない気持ちがありできることなら自分で階段の昇り降りを行おうとします。このように、それぞれの置かれている立場によって思いは異なります。お互いに暮らしやすい状態するために考えるのが、階段昇降機や家庭用エレベーターの設置です。どちらも便利な面では同じですが実際に取り付けるとなるとかなり違いがあります。

階段昇降機と家庭用エレベーターの違い

家庭用エレベーターは、家を建てるときにエレベーターを設置するのであればそれほど問題はありませんが、後から追加で取り付けるとなると直ぐに行うと大規模な工事が必要になる可能性もあります。まず、エレベーター自体の重さに耐えられる状態になっていなければ、住宅の柱などを強化しなければならないことがあります。エレベーターを設置する場所も元来の設計に入っていなければ、一般家庭では確保することは難しいです。そのため根本的なリノベーションが必要なことが多く、それでも不可能な場合もあります。それに比べて階段昇降機はリフォームなど行わなくても設置することができるので、価格の面で安価で済ませることができるのです。

階段昇降機の助成金について

階段昇降機の購入に介助保険は適用されません。しかしながら、たいていの自冶体では助成金制度を設けていると考えられます。金額や条件はそれぞれ異なるので購入を検討したら各自冶体に問い合わせるべきでしょう。一般的な助成金の流れは、まず最初に担当部署に相談し自宅を訪問してもらいます。ここでは、助成金の対象となるのかどうか審査してもらいます。次に担当部署が施工業者と共に自宅を訪問し、利用者様の状態と住宅の状態を確認してくれます。調査結果により助成を行うかどうかの判断が下され、可能となれば助成券が送られますので設置工事を始めることができます。工事が完了次第、助成金が支払われますが支払い方法は各自冶体によってます。最終的に自冶体の担当部署の方が工事の仕上がり具合を確認に来ます。階段昇降機は家庭用エレベーターと比べると価格が安いですが、それなりに金額がかかります。助成金に関して自冶体に確認することをお勧めします。