階段昇降機の判断基準は価格だけではない

階段昇降機は、足が不自由で階段の上り下りが困難な人や心臓などの疾患により階段の上り下りができない人などのために、階段を昇降ができるようにサポートする機械です。超高齢化社会ととなる日本では、なくてはならないサポート機器の1つです。階段にガードレールを設置し、ガードレールに沿って椅子が昇降したり、台があり車椅子のまま昇降することができるタイプもあります。
階段の上り下りは無理をして転んでしまうと、大怪我をしてしまい、時には生死ににもかかわることすらあります。現在ではさまざまな企業から階段昇降機が販売やレンタルが行われていますが、価格だけで選んでしまいがちです。価格以外にも選ぶポイントはあるのでしっかり考慮すべきです。

日本では階段昇降機に法規制がある

日本ではレールを設置して昇降する機械は、エレベーターとして位置づけられていて、建築基準法があります。安全基準もエレベーターと同じになり、形式適合認定や構造認定を受けた機種でなければ設置をすることができません。場合によっては特に規制はありませんなどと謳い、ただ価格が安いという理由だけで購入やレンタルと決定してしまうと安全性に問題があることがあるので気をつけるべきです。設置後も一年に一度の定期検診も義務づけられているので、それらをアフターケアをキチンと行っているところから導入するようにしましょう。

階段昇降機は使用経験がないので判断基準が分からない

階段昇降機はたいていの場合、購入経験が今までにない方ばかりです。しかも、使用経験があるのならどのようなタイプが使い勝手が良いのか?乗り心地はどうなのか?などに関しても分かりません。そのためプロの方にお願いするしかなく、判断基準がないので希望を伝えることすらできない状態となります。階段昇降機にのって移動する本人も、初めての乗車となるので恐怖があって当然です。今までに何度も取り扱ったことがあり、さまざまケースに対応した実績のあるところにお願いした方が良いです。
見極め方が難しいと思いますが、まずはたくさんのことを質問してみてください。しっかりと理由も踏まえて、返答してくれるところなら安心です。自分はもちろん周りにも使用経験がないのなら、何を質問したら良いのか分からないでしょう。そのような方のために、このような質問をしたら良いという質問サンプルを提供しているところもあるので是非活用してみましょう。